« プライバシー | トップページ | 美 »

2006年3月 8日 (水)

子心

ペスタロッチは『隠者の夕暮』(福島政雄著)の中で、子心について語っている。
「子心と従順とは、完成せられたる教育の結果や後の産物ではなく、人類教育の早き最初の基礎でなければならぬ」
子心とは、よく分からない言葉であるが、こうも言っている。
「すべての小さき才能を真面目に経済的に使用すること、自己の諸の力を強めようという渇望、これらは如何に弱きものにおいても如何に低きものにおいても子心の傾向である」
子心とは何か。
「心の貧しい人々は、幸いである」(マタイ5・3)というが、その心の貧しさであろうか。学習しようとする心、向上心、そんなものであろうか。あるいは、「もったいない」という心であろうか。教育の前提としての心構えのことであろうか。

|

« プライバシー | トップページ | 美 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/9000687

この記事へのトラックバック一覧です: 子心:

« プライバシー | トップページ | 美 »