« 徒然 | トップページ | 拉致事件 »

2006年4月13日 (木)

武士道

サムライは 二君を知らず 義に生きる
 大義を求め 小義を超える

サムライに 戦陣訓は 当たり前
 捕虜は二君に 仕える意味で

元自民党幹事長で、その自民党に弓を引いている民主党代表の小沢一郎さんはサムライなのだろうか。もしサムライならば、自民党というかつての大義を小義となす、もっと別の大義に生きることを示さなければならない。そうでなければ、サムライとしての生きる道はない。

|

« 徒然 | トップページ | 拉致事件 »

コメント

武士道には光の部分と影の部分があると思います。司馬遼太郎さんの『燃えよ剣』は土方歳三が主人公で、光の部分はよく書けていると思います。しかし、土方も関係している新撰組の武士道には影の部分があったと思います。また、旧日本陸軍の武士道でも、こちらは影の部分がよく知られていると思います。その二つを区別することは必要と思います。

投稿: | 2006年4月13日 (木) 17時36分

武士道は ある人らには 所与であり
 無意識的な 反射なり

投稿: | 2006年4月13日 (木) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/9567274

この記事へのトラックバック一覧です: 武士道:

« 徒然 | トップページ | 拉致事件 »