« 単独者 | トップページ | 勝ち組 »

2006年4月 4日 (火)

実存短歌

不遜な言い方ではあるけれど、司馬遼太郎さんの歴史小説が歴史小説であるならば(もちろん、今では、そんな言い方をすれば、お前、何を言うか、とのお叱りがあるだろうけれど、歴史小説の中に、どうして著者の余談が入るのだろうか、それは、これまで私が読んだ歴史小説では初めての体験であったという思いを込めて、司馬さん自身の中にも、その類の問いはあったらしいから言うのである)、花鳥風月を詠む短歌の中に、実存を詠む短歌があってもいいと思う。花鳥風月とは全く無縁な砂漠の民は、花鳥風月を詠めと言っても、詠めないのである。しかし、実存は詠めるのだ。実存短歌といったものがあったって、いいんじゃないだろうか。

|

« 単独者 | トップページ | 勝ち組 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/9425606

この記事へのトラックバック一覧です: 実存短歌:

« 単独者 | トップページ | 勝ち組 »