« 祈り | トップページ | 自我の成長 »

2006年6月20日 (火)

日本人

人は日本に生まれ、日本国籍を得ることで日本人になると思っているかも知れない。確かに、普通の理解では、それで日本人である。そして、そんな人たちが成長していくことが日本人になると理解されているかも知れない。しかし、それとは別の意味で、日本人になるという課題が、そのような日本人にあるのではないだろうか。

日本人になるためには、日本とは何かが問われなければならない。その問いの中に現れてくる日本に対して、投企していくこと、その過程で、人は日本人になるのである。その意味での日本人は、そんなに多くはない。内村鑑三は、そんな数少ない日本人の一人であった。

それでは、そんな日本とは何か。それは、その人自身で問わなければならない。その人の関わりの中で答えは変わってくるだろう。しかし、その答えは、それこそ公表されなければならない。なぜなら、それは私的なことではなく、公的なことであるからである。

|

« 祈り | トップページ | 自我の成長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/10602188

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人:

« 祈り | トップページ | 自我の成長 »