« 米国の夢 | トップページ | メソも同意 »

2006年7月25日 (火)

天と地

主の祈りに「みこころが天に行われるとおり、地にも行われますように」という部分がある。どういう意味なのだろう。

天と地とは何を意味するのだろう。まず、地とは時間・空間で制約されている、という意味なのだろう。であれば、天とは、その反対で、時間・空間の制約がない、という意味かも知れぬ。

あるいは、天とは悪魔のいない所、地とは悪魔のいる所という区別でもいいのかも知れない。であれば、祈りの意味は「天で、すべてが神の意思に従っているように、地においても、悪魔が、その働きを縛られて、神の意思のとおりにすべてが動いていきますように」、という意味になるのだろうか。

われわれは、地という制約から離れることはできない。われわれの活動はすべて、地における活動である。であれば、「地にも行われますように」という願いは、ただ受動的に待つということではなくて、われわれの活動のすべてに神の意思実現の祈りを込めて行え、という意味なのかも知れない。神の意思を受け止めて、地に働きかけるのは、思えば人間だけである。そういう積極的な意味に取るべきなのかも知れない。

|

« 米国の夢 | トップページ | メソも同意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/11093164

この記事へのトラックバック一覧です: 天と地:

« 米国の夢 | トップページ | メソも同意 »