« 科学と技術 | トップページ | 近世の誤解 »

2006年7月30日 (日)

生命と神

生命は神なのだろうか。違う。煩悩の生命的現象がどうして神の命なのか。
しかし、神もまた生命のようなみのだ。永遠の生命の与え主なのだから。生命重視と神重視とは違うのだけれど、似ている。だまされないようにした方がよい。

|

« 科学と技術 | トップページ | 近世の誤解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/11151351

この記事へのトラックバック一覧です: 生命と神:

« 科学と技術 | トップページ | 近世の誤解 »