« 大村益次郎 | トップページ | 蛇と精神分析 »

2006年7月24日 (月)

病気

私は病気ではない、と思っていた。しかし、自我、人格が発達しないという「障害」もあるという。それもまた病気であれば、私は病気かも知れない。

電車の中で、人の顔を見る。大人の顔だ。子どもが抑圧されているように見える。しかし、大人の顔は発達した結果なのだろう。だから、大人は自我も人格も障害を受けていないといえるかも知れない。だが、その顔の中に抑圧されている子どもの悲鳴も聞こえてくるような気がする。

子どもが開放された顔、その顔は、たとえ大人であっても、心の交流は容易のように思える。

|

« 大村益次郎 | トップページ | 蛇と精神分析 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/11083737

この記事へのトラックバック一覧です: 病気:

« 大村益次郎 | トップページ | 蛇と精神分析 »