« 終戦の日 | トップページ | いい感じ »

2006年8月17日 (木)

日本の8月

日本の8月は、平和を祈る特別な時
いつまで続くか知らないが
この習慣はなくなりそうもない
   
戦争を知らない世代が
退廃した命の謳歌を続けている現代に
死はこっそりと隠れて近づいてくる
       
いや、その接近は既に
あちこちで知らされているが
その処方箋を誰も知らない
   
戦後半世紀も過ぎて
戦争の響きは遠のいたが
なぜか軍歌には引かれるものがある
   
だれも歌わなくなった軍歌だが
死を身近に生きた世代の遺言のようで
現代にはない調べが、そこにはある
   
必勝への決意表明を、この平和祈願月には歌えないが
今、見えない敵の攻撃を受けている魂には
一番慰められる歌でもある
   
死を前にして、どう死ぬかは
今の我々にとっては
生きる覚悟に通じる

武士道とは死ぬことと見つけたり
生死を日常的に問う生き方が
今、見直されている   
   

|

« 終戦の日 | トップページ | いい感じ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/11482917

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の8月:

« 終戦の日 | トップページ | いい感じ »