« 日本の8月 | トップページ | キリスト教宣教の失敗 »

2006年8月18日 (金)

いい感じ

司馬遼太郎さんは、樋口陽一さんとの対談の中で、「日本がたとえ滅んだ後も、いい感じの国だったということを、あるいはいい感じの国民だったということを思われないと、何のために人間として生まれてきたのかと思いますよ」(文春文庫『司馬遼太郎対話選集4 近代化の相剋』167-8頁)と言っています。

「いい感じ」という言葉が、いいと思いました。生活に美学が必要ということと解釈しました。人間にとって、一番身近なのが生活です。自分に任されている生活に価値を付与すること、それは毎日の心がけと思います。

|

« 日本の8月 | トップページ | キリスト教宣教の失敗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/11491285

この記事へのトラックバック一覧です: いい感じ:

« 日本の8月 | トップページ | キリスト教宣教の失敗 »