« 戦前 | トップページ | バルト批判 »

2006年9月25日 (月)

啓蒙期管見

中世を 完全離脱 啓蒙期
 それでも神を 求めるカント

啓蒙に 文化命令 思うなら
 近代やはり 続中世か

|

« 戦前 | トップページ | バルト批判 »

コメント

要するに、楽園において与えられた文化命令と、原罪において獲得した、啓蒙主義の注目している人間能力との関係についての疑問です。

投稿: | 2006年9月25日 (月) 14時28分

楽園とは秩序のある世界である。そこで、どうして「地を従わせよ」(創世記1・28)のような「文化命令」が可能なのだろうか。楽園追放後であれば、そのような文化命令は可能であろう。なぜなら、秩序が失われたのだから。

であれば、文化命令は、楽園追放後を見越して言われているのだろうか。もし、そうなれば、啓蒙主義の主張との整合性を理解できる。

実は、放送大学で、講師が、そんな示唆を語ったのである。もちろん、文化命令という言葉や、聖書の引用はない。ただ、啓蒙主義が、それ自身としては中世の神中心からの離脱を意図していたといっても、中世には、そんな啓蒙主義の意図を受容できる契機がある、そんな話であった。

投稿: | 2006年9月25日 (月) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/12032741

この記事へのトラックバック一覧です: 啓蒙期管見:

« 戦前 | トップページ | バルト批判 »