« 啓蒙期管見 | トップページ | 信仰と修行 »

2006年9月25日 (月)

バルト批判

聖書論 バルト批判は あるけれど
 カントの説を 重ねてみれば

バルトは聖書論で、「聖書は神のことば」の客観主義に立っていないということで、プロテスタントの保守的な信仰者から批判されていますが、その聖書論には、何かカントの認識論と重なる一面があるように思います。そんな思いがしています。

|

« 啓蒙期管見 | トップページ | 信仰と修行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/12033797

この記事へのトラックバック一覧です: バルト批判:

« 啓蒙期管見 | トップページ | 信仰と修行 »