« 公開日記 | トップページ | 必勝の信念 »

2006年10月 5日 (木)

北朝鮮の核実験声明

挑発か 精神科医の 出番だよ
 いじめ過ぎれば 暴発怖い

|

« 公開日記 | トップページ | 必勝の信念 »

コメント

北朝鮮の親はソ連であり、兄が中国である。親に従順な子どもではなかった。トップの世襲にソ連は反対であった、という意味である。そのうち、親は死亡した。残っているのは兄だけである。しかし、その兄も、環境に順応する方針を採用した。鄧小平の時であった。しかし、弟には、それができなかった。頑なであった。兄のような行動のオプションが弟にはないのである。

冷戦の時は、既に過ぎていた。しかし、北朝鮮にとっては、冷戦状態は過ぎていない。米ソの冷戦は、今、米北の冷戦になっている。

拉致被害者の救出は大切なことである。しかし、救出されねばならないのは、拉致被害者だけではないかも知れない。北朝鮮にいる、多くの困窮している人たちにとっても、時間は余りないのかも知れない。

投稿: | 2006年10月 6日 (金) 04時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/12160771

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮の核実験声明:

« 公開日記 | トップページ | 必勝の信念 »