« 教師論 | トップページ | 図書館 »

2006年10月21日 (土)

金子みすず

みすずさん 発想奇抜 驚きに
 信仰心を 感ずる我は

|

« 教師論 | トップページ | 図書館 »

コメント

金子みすずの詩が感動を呼ぶのは、日本人の宗教心に訴えているからだと思います。みすず自身は、どんな宗教の信者でもなかったでしょう。しかし、詩の内容は仏教にもキリスト教にも触れる部分を持っています。これはまだ未開拓の分野と思います。しかし、時が経てば、試みる人が仏教側にもキリスト教側にも出てくるのではないでしょうか。

投稿: | 2006年10月21日 (土) 20時18分

時々、詩に「神さま」という言葉を発見します。どういう意味なんだろう。「仏さま」ではいけないのだろうか。

投稿: | 2006年10月23日 (月) 07時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/12364372

この記事へのトラックバック一覧です: 金子みすず:

« 教師論 | トップページ | 図書館 »