« 新中世 | トップページ | 目 »

2006年11月 5日 (日)

スピノザ

慎ましき 生活なれど 大いなる
 思想抱きて スピノザは生く

|

« 新中世 | トップページ | 目 »

コメント

若きロマン・ロランがスピノザの影響を強く受けたとのこと。その時、初めてスピノザの名前を知りました。しかし、彼の本は読んでいません。ただ、レンズ磨きを生計を立てて、心は大いなる宇宙に飛んでいた、そんな慎ましい生活と雄大な思いの総合は魅力的と思います。ただ、西洋社会はキリスト教が根底にあるので、いろんな批判が飛んでくるでしょう。そんな批判にきちんと対応しないと排斥されることがあったと思います。こんな影響は、極東の21世紀の小島にも、押し寄せてきてはいるのです。

投稿: | 2006年11月 6日 (月) 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/12558585

この記事へのトラックバック一覧です: スピノザ:

« 新中世 | トップページ | 目 »