« 近代日本キリスト教思想史研究 | トップページ | ついのすみか »

2006年12月18日 (月)

死を学ぶ

死を学ぶ ことができない 人ならば
 どうして生きる ことができよう

|

« 近代日本キリスト教思想史研究 | トップページ | ついのすみか »

コメント

はじめまして、いろいろとブログをみているうちに、ここにたどり着きました。tetuといいます。
何のために生きるのかと言うことは、とても大事なことと私も感じています。
「うまれてきたのは」というブログを私も作って、いろいろと書いています。読んでいただいて、コメント何かいただければ幸いです。
おじゃましました。

投稿: tetu | 2007年1月 5日 (金) 16時11分

tetuさん、コメントありがとうございます。そちらのブログも拝見させていただきます。

投稿: | 2007年1月 5日 (金) 19時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/13112343

この記事へのトラックバック一覧です: 死を学ぶ:

« 近代日本キリスト教思想史研究 | トップページ | ついのすみか »