« 老婆の意志 | トップページ | らち問題 »

2006年12月13日 (水)

秀頼

名と実の 分離の悲劇 身に受けし
 秀頼あはれ 生の意味問う

秀吉は 最期に知った 子の定め
 律義者らに 哀願せしも

秀頼に いかなる罪が あるのだろ
 これからなのに 花と散るらん

淀殿も 悪しく言われて 来たけれど
 過去知るならば 誇り高き出

秀吉を 憎しと思い 仕方なく
 秀頼生まれ 権力意識

近世の 成り立ち問えば 因果知る
 レッテル背後 同情もあり

秀頼よ 静かに眠れ 薄幸の
 汝に思いを 寄する者あり

|

« 老婆の意志 | トップページ | らち問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/13052985

この記事へのトラックバック一覧です: 秀頼:

« 老婆の意志 | トップページ | らち問題 »