« 秀頼 | トップページ | 江戸と上方 »

2006年12月13日 (水)

らち問題

国家意思 らちに及びて 被害者も
 公務の人に 思われてくる

政治家が 国家の意思を 左右する
 危険な職と 思うが普通

革命の 北にとりては らちもまた
 手段なのだろ 大義の前に

らち前に 譲れぬ日本 国家意思
 議論の余地は なくなりにけり

革命と 対峙する国 わが国に
 選択余地は ないと知るなり

|

« 秀頼 | トップページ | 江戸と上方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/13053710

この記事へのトラックバック一覧です: らち問題:

« 秀頼 | トップページ | 江戸と上方 »