« 教会の位置づけ | トップページ | 量と質 »

2007年1月 2日 (火)

時代の端

近代の 日本の端を 見やるなら
 米国の突き 歴史に刻む

現代も 憲法・安保 二つにて
 米国の影 歴然とあり

改革を 求めるのなら 今ここで
 問い返すべき 米国は何

米国は 西洋の端 先端で
 帝国の子ら 聖俗二面

夢に見た この印にて 勝つべしと
 その幻は 今も生きるか

「米国の突き」とは、ペリーとマッカーサーの二人の関わり。「帝国」はローマ帝国。「幻」は、コンスタンティヌス帝の見た幻。

|

« 教会の位置づけ | トップページ | 量と質 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/13304829

この記事へのトラックバック一覧です: 時代の端:

« 教会の位置づけ | トップページ | 量と質 »