« ヘーゲル歴史哲学 | トップページ | 於大 »

2007年2月 5日 (月)

伝通院

江戸の香の 伝通院の 名の由来
 家康生母 法名からと

070205_1153012_1 幕末の 悲劇始まる 浪士隊
 清河の墓 小さな墓石

歴史好き 見学者たち 群れなして
 於大・千姫 昔を偲ぶ

|

« ヘーゲル歴史哲学 | トップページ | 於大 »

コメント

清河八郎は、1830年(天保元年)~1863年(文久3年)。33年の生涯というから、短い。幕府の浪士隊結成に参加したのが、文久3年で、近藤勇らと対立して、江戸に戻され、その年に暗殺された。明治維新の5年前にこと。それから新撰組が暴れるのだから、新撰組の活動期間も5年くらいの短期間であったことになる。

投稿: | 2007年2月 5日 (月) 17時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104898/13797940

この記事へのトラックバック一覧です: 伝通院:

« ヘーゲル歴史哲学 | トップページ | 於大 »