« 成長への願い | トップページ | 人生の目的 »

2007年3月13日 (火)

歯車

人間を 歯車にする 社会には
 ニートの抗議 当然だろう

歯車に ならずに生きる すべあるか
 希望の炎 潤滑油にと

政治は、正社員とフリーター、ニートとの社会的格差に危機感を持っている。しかし、どんな職業を選ぶかは、その人の自由である。

正社員になれば分かるが、それは社会の中での、あるいは会社の中での一つの歯車になることである。そして歯車になった時、残念ながら、自分の人生すべてが見えてしまう。気づいた時は、もう時間がなくなっている。こんな人生でよかったのだろうか、反省しても、後の祭りなのだ。

フリーターをしながら、自分の本当の生き方を見出す努力をするのも、一つの生き方ではないだろうか。その方が幸福だろうと思う。今週、「ハケンの品格」が最終回を迎える。大前春子のような人物は、現実にはいないだろう。面白いドラマであった。

ニートの方たちにも、その生き方に、今は意味があるのではないだろうか。何もしないという生き方を通して、社会に問いを発しているのではないだろうか。その問いに応えられる柔軟な社会が出来れば、社会の質は、もっと向上し、ニートの人たちも社会の中での自分の場を見出すのではないだろうか。

|

« 成長への願い | トップページ | 人生の目的 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 成長への願い | トップページ | 人生の目的 »