« 波長 | トップページ | 霊魂のゆくえ »

2007年3月 4日 (日)

遍歴

信仰の 遍歴評価 重層と
 賢治を語る 山折氏評

賢治は宮沢賢治のこと、山折氏は山折哲雄氏のこと。宮沢賢治と宗教(プロテスタント、カトリック、浄土真宗、日蓮宗)との関係など、詳しく紹介し、賢治の重層信仰を評価している。
無教会の斉藤宗次郎の生き方が、「雨ニモマケズ」の詩の世界に似ているという指摘は、よく知られているが、それを指摘した人は山本泰次郎だあったという。山折氏は「それはそのとおりかもしれないと思いましたね」という。
(『宗教時報』=NO.102,平成11年7月、文化庁文化部宗務課=の中の「心の教育」山折哲雄・白鳳女子短期大学長、参照)

|

« 波長 | トップページ | 霊魂のゆくえ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 波長 | トップページ | 霊魂のゆくえ »