« 朝青龍 | トップページ | ニートさんへ »

2007年3月12日 (月)

美しい国

●美しい 国造りへと 船出する
 品格指摘 あの人も支持

安部内閣が発足。内閣の目指す「美しい国」の内容を聞いていると、『国家の品格』を読まれたのではないかと思ってしまいます。それは、それでいいのです。しかし、問題は日米関係ですね。日本が真に精神的に独立することを志向する時、それは米国の影響から離れ、自立する方向を示していますが、その時、米国の反応が気になります。戦前に戻らず、しかも米国から自立するには、日本に必要なものは何か、それが日本の美しさなのかも知れませんが、その普遍性をどう考えたらいいのか、ですね。

●首相言う 美しい国 いにしえの
 人は言わない ちと恥ずかしい

美の標語 造る人をも 呼び寄せる
 質問に立つ 女性議員よ

現内閣は「美しい国造り」内閣だそうです。昨年10月4日の参議院代表質問で、「造る人」の一人、自民党の有村治子議員の質問を聞きました。堂々としていて、鮮烈なる印象を残したと思います。

●美しい 国造りには 心から
 心を磨き よい国造ろ

|

« 朝青龍 | トップページ | ニートさんへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝青龍 | トップページ | ニートさんへ »