« カール・ロジャーズ | トップページ | 禅 »

2007年4月12日 (木)

ブログ

フォーラムは 傍観しても 面白く
 ブログ立ち上げ 傍観できず

|

« カール・ロジャーズ | トップページ | 禅 »

コメント

フォーラムは、掲示板よりももっと議論が白熱化しやすい。傍観者として、その成り行きを追うのも楽しいし、大いに勉強もできる。しかし、ブログは、当人の書き込みがなければ、死んでしまう。ここに違いがある。ブログは、当人の持っているものを、これでもか、これでもか、といった具合に外に押し出す力を持っている。そこでは傍観者になれない。ブログは基本的には独り言の世界であり、フォーラムは対話の世界なのだろう。いずれにしても、公の表現であれば、異論・反論もあるだろうし、不適当な発言もあるかも知れない。しかし、それらは、どういう基準で規制できるのだろうか、あるいは規制できないのだろうか。できるとしたら、その基準というものは何なのだろうか。ブログは、恐らく、インターネットを個人に開放する強力な道具である。この道具を使って、何をするのか。その問いの前に、今来ているのかも知れない。

投稿: | 2007年4月12日 (木) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カール・ロジャーズ | トップページ | 禅 »