« 批判 | トップページ | 小塩節・園長 »

2007年4月 4日 (水)

本願ぼこり

なぜ駄目か 本願ぼこり 絶望を
 知らない人の 屁理屈だから

悪人正機の悪人とは絶望を知る人のことでしょう。本願ぼこりに走る人というのは、絶望を知らないところで、考えているのだと思います。

最初の「善人なおもて往生をとぐ」という個所は、人間の側の判断なのではないかと思います。

|

« 批判 | トップページ | 小塩節・園長 »

コメント

「善人なおもて往生をとぐ」は人間の側の判断というよりも、仏教の他の宗派の判断ということではないかと思います。要するに、自力救済を仏教では認めているということです。このへんの対応がキリスト教とでは違うように思います。自力救済はキリスト教では異端になりますから。

投稿: | 2007年4月 5日 (木) 07時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 批判 | トップページ | 小塩節・園長 »