« エラスムス再考 | トップページ | 「神の像」論争 »

2007年4月 9日 (月)

ヒューマニズム

人間の 讃歌歌えど この国は
 無が骨髄に ニヒルの中で

見える価値 ヒューマニズムの 舞台なり
 それを通って 無の彼岸へと

|

« エラスムス再考 | トップページ | 「神の像」論争 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エラスムス再考 | トップページ | 「神の像」論争 »