« 歴史は忘れない | トップページ | 二重予定の「なぜ」 »

2007年5月21日 (月)

日本人

日本人 こんなものかと 思う時
 逆の驚き それもあるけど

日本人ついて、余り優秀でないと思う時と、逆に非常に優秀と思う時と、両方あります。

|

« 歴史は忘れない | トップページ | 二重予定の「なぜ」 »

コメント

ラザロ聖書研究会

ラザロとは 生と死を問う 実存を
 会の名前は 内村仕込

無教会は、最近は聖書集会とか、集会の名前が多く、「聖書研究会」という名前は使っていないようです。最初は「内村聖書研究会」というのがありました。

しかし、今では、無教会は、一つの団体のようになっています。内村は、教派ではない集まりを志向したと思います。しかし、それはなかなか困難です。

教会籍を持ちながら、超教派の集会にも参加できれば、そこから新しい可能性も生まれるかも知れません。聖書研究会の名前に、そんな意図を込めてみるのも、ありうるかな、と思いました。そうであれば、教派間の相互理解も、またその目的となるかも知れません。

ラザロという名前は、もともとは、H氏がもたらしたものです。LBF(レイバー・ブラザーズ・フェローシップ=労働兄弟愛舎)のLにちなんで、ラザロを思いついたのかも知れません。

ガリ版の文集を数回作りました。

投稿: | 2007年5月21日 (月) 14時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歴史は忘れない | トップページ | 二重予定の「なぜ」 »