« 中世の瓦解 | トップページ | 解釈学 »

2007年5月21日 (月)

聖書無謬説

内村鑑三は「内村鑑三日記書簡全集」(1)で、「余は聖書無謬説のために弁ずるを得て、神の感謝する」と言っている。しかし、『基督信徒の慰め』では、聖書無謬説を否定している。

ということは、意見を変えたのでなければ、聖書無謬説の意味が違うのだろう。

逐語霊感、十全霊感は無謬説と言われるが、無誤説もある。無誤説も広い意味では無謬説の中に入るのだろうが、「そこまでは」という人もいるだろう。

断定する前に、よく本心を聞かねばならない。

|

« 中世の瓦解 | トップページ | 解釈学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中世の瓦解 | トップページ | 解釈学 »