« 覚醒への呼びかけ | トップページ | 堕罪の結果 »

2007年6月20日 (水)

生涯学習

ネット見よ 放大もあり 深夜便
 その気になれば 選択無限

ネットはインターネット、放大は放送大学、深夜便はNHKラジオ深夜便。

生涯学習の手段は、身近に転がっている。あとは動機の問題。動機がなければ、何も始まらない。

若者に「自分の生きる意味が分からない」という人がいるという。こういう人は、きっと将来、大物になるだろう。あなたは哲学者である。

|

« 覚醒への呼びかけ | トップページ | 堕罪の結果 »

コメント

「学校は、彼らの教育全体の一部分に過ぎず、しかもおそらく、その最も大切な一部分でもないのである。全般的教育は、その人自身がすでに健全な人生の根本原則を、うちに持っていることを要求するのであるが、これは学校ではじめて得られるものではない」(『人間教育』(ヒルティ著)

本当の教育というものは、被教育者の教育を求める動機が前提になるのであるから、その意味では本質的には独学なのだろうと思う。そして、その動機は、その根本には「健全な人生の根本原則」が求められているのだが、これは私の理解では信仰である。学校は、信仰を与えるところではない。

教育再生が叫ばれているが、生徒、学生の動機がどうなのかも考慮されなければと思う。動機があれば、現在では、教育の機会はあり余るくらいに存在している。

投稿: | 2007年6月21日 (木) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 覚醒への呼びかけ | トップページ | 堕罪の結果 »