« ドイツ観念論 | トップページ | 竹久夢二 »

2007年6月11日 (月)

瞬間

瞬間は、神の時なり 時満ちて
 人為にあらず 自由の招き

時間と反復というのが実存主義の形成原理である。しかし、瞬間といっても新生の瞬間と聖化の過程の瞬間とは質的に違うだろうと思う。反復できるのは聖化の過程においてのみであり、新生の瞬間は反復できない。

世俗的実存主義は、時間を人為の範囲内に置くのではないか。しかし瞬間は神から来るのであって、人の自由の中にはない。

|

« ドイツ観念論 | トップページ | 竹久夢二 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドイツ観念論 | トップページ | 竹久夢二 »