« 生活法 | トップページ | 終末の戦い »

2007年6月28日 (木)

近代の克服

我思う その真理 みな知っている
 思うを思う それも大切

デカルトの「我思う、故に我在り」の真理は、近代のスタートを可能にした真理として知られていますが、それは既にアウグスチヌスに知られていました。そして、トマス・アクィナスもそれを知っていたようです。しかし、トマスは、もう一つの真理に、それを関係づけたようです。そこに近代の克服があるように思います。

「思う」だけでは、「思う」人が罪人てあるという真理は開示されていません。この真理は「思うを思う」に至って、初めて開示されるのだと思います。

|

« 生活法 | トップページ | 終末の戦い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生活法 | トップページ | 終末の戦い »