« 溶鉱炉 | トップページ | 教会のかたち »

2007年6月 4日 (月)

サムライ・クリスチャン

そりやそうだ 武士はサムライ だけどなお
 ニュアンス違う 武士は偉いと

宗教学者の山折哲雄氏が、『文藝春秋SPECIAL』2007季刊夏号に「『善』と『悪』」という文章を寄稿されています。含蓄に富むものです。その中に、「サムライ・クリスチャン(内村鑑三)のいう無教会の無」という文がありました。

サムライという言葉に、あの「ギター・サムライ」を思いました。ニュアンスが少し違うと思いました。内村はサムライという言葉を使ったことがあるのだろうか。

|

« 溶鉱炉 | トップページ | 教会のかたち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 溶鉱炉 | トップページ | 教会のかたち »