« 聖伝 | トップページ | なぜウェスレーか »

2007年7月20日 (金)

聖霊のバプテスマ

ウェスレーはペンテコステの体験に言及している。それと、キリスト者の完全とは、どういう関係か。フレッチャーは自分のペンテコステ体験の中で、そんな考察をしているらしい。

フレッチャーにも注目すべきではないのだろうか。彼は、現在のメソジストとペンテコステ系信仰の中間にいるらしい。特に、カリスマ運動の展開してきた現代においては。メソジストとペンテコステの関係については、現在の関心事、そんな時、フレッチャーとウェスレーの関係に着目する必要があるかも知れない。

フィニーについても、そんな中間らしいという指摘もあった。

信仰とは、やはり、メソジストやペンテコステがいうような領域に至らなければ、ということなのかも知れない。

|

« 聖伝 | トップページ | なぜウェスレーか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 聖伝 | トップページ | なぜウェスレーか »