« 義認と聖潔 | トップページ | 巡礼 »

2007年7月23日 (月)

罪の定義

「絶対に罪のない状態は、私たちが完全な知識を持っていないかぎり、到達することは不可能である。なぜなら、私たちの光が絶えず増し加わるにつれて、今までは平気で認めていた事がらの中に、悪を見いだし続けるようになるからである」(『信仰の高嶺めざして』F.B.マイヤー著)

ウェスレーは、自分も含めて、人はこの世で完全な知識を持っているとは認めていない。だから、その意味では、マイヤーが言う「罪のない状態」をこの世で達成することは不可能であろう。しかし、彼は「キリスト者の完全」という。それは、罪の定義の問題があるからだろう。

新生者は成長しなくてはならぬ。「完全を目指せ」とはイエスの教えなのだから、間違ってはいない。その過程で、霊的感覚の中で、顕著に知られてくるものが「キリスト者の完全」なのであろうか。しかし、「完全」はゴールのように見えるが、そうではない。聖化は死ぬまで成長し続けるのだと思う。

|

« 義認と聖潔 | トップページ | 巡礼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 義認と聖潔 | トップページ | 巡礼 »