« 神の性質 | トップページ | 道 »

2007年7月27日 (金)

謙遜

「主がおはいりになる心ほど低いものはない。主が喜んで宿をとられる家庭ほど貧しい者はない」(『信仰の高嶺めざして』F.B.マイヤー著)

この「貧しい」は、換言すれば「謙遜」という意味と思われる。そして、「貧しいものは幸い」の「貧しい」の意味も、「謙遜」でよいのではないかと思う。

み言葉は、当座は意味が分からない場合があっても、やがて、いろいろな使い方などを参照して、分かってくる場合がある。それでいいのではないかと思う。

|

« 神の性質 | トップページ | 道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神の性質 | トップページ | 道 »