« 宣教 | トップページ | カトリック教会 »

2007年7月15日 (日)

孤高

「あなたがどんな職業に従事していようとも、あなたは孤高でなければならない。さもなければ、あなたは破滅である。地獄への道には孤高というようなものは、全然ない。しかし、天への道は、到る所で孤高を要求する。一歩でも、あなたが神の方へ近づけば、あなたは他の人々のいようではない。しかし、このことを重要視してはならない。奈落に落ちるよりは、孤独である方が遥かに良い。だから、あなたの参加すべき競争を、耐え忍んで走りぬきなさい。一緒に走る仲間が、ほとんどなくてもである。仲間は、いつまでも、そんなに少ないのではない。ほんの暫くたてば、あなたは、「無数の天使の会合、長子たちの大集会と教会、全うされた義人の霊のところへ行く」だろう」(『説教』ジョン・ウェスレー著)

地獄の苦しみというのは、おそらく、絶対の孤独という意味、その境地なのだろう。人間は交わりの中で生きるように出来ている。その交わりが絶たれて、絶対の孤独になり、しかも自意識がなくならない、それが地獄の苦しみの内容なのだと、私は思う。

その意味で、孤高は、ある程度、地獄を予想させる。しかし、神との交わりは、孤高であっても、絶対の孤独には陥らない。だから、他人には、地獄を予想させるような生き方をしていても、自らは十分に満足しているのである。

|

« 宣教 | トップページ | カトリック教会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宣教 | トップページ | カトリック教会 »