« 公開の場 | トップページ | 沃野の眺望 »

2007年7月 2日 (月)

孤独な魂の苦闘

「孤独な魂の苦闘や抵抗、努力を見守る目は一つもないと思われても、天国のもろもろの同情が彼に集まっているのである」(『信仰の高嶺めざして』F.B.マイヤー著)

天国の同情が集まっているというが、どうしてそんなことが分かるのだろうか。

しかし、自己実現は、この孤独の世界を通過しないでは達成できないと思う。

|

« 公開の場 | トップページ | 沃野の眺望 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 公開の場 | トップページ | 沃野の眺望 »