« 評判 | トップページ | 神の性質 »

2007年7月27日 (金)

見える教会

「今はこのように変動きわまりない時代である。このように移り変りが激しく、多くのことが信頼できない時に、われわれが信頼することのできるものがあるであろうか。残念ながら、われわれは地上にあるものは教会すら信頼することができない。地上に実在している見える教会は、誤りと罪に陥ることがしばしばで、われわれは信頼を求めて教会へ訴えることはできないのである」(『神と人間』(メイチェン著)

メイチェンが、ここでいう教会は、あるいは、米国長老教会を指しているのかも知れない。

20世紀初頭、米国の教会で、自由主義神学をめぐり、教義論争があり、自由主義神学の主流各教派と、福音派(根本主義など)に分かれて、プロテスタント諸教派が二分された。その時、メイチェンは米国長老教会を去り、新しい教会をつくったという。

しかし、見える教会全体に対する信頼がなくなれば、その時は、信仰もまたなくなるであろう。

|

« 評判 | トップページ | 神の性質 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 評判 | トップページ | 神の性質 »