« 科学の限界 | トップページ | 教会 »

2007年7月14日 (土)

熱心

「知識によらないあの熱心を用心しなさい」(『説教』ジョン・ウェスレー著)

信仰に熱心になるということは知識を排除しない。知識を理性と言い換えてもいい。信仰は理性の犠牲において成り立つものではない。理性を超えるかもしれないが、反理性ではない。

信仰というものは、信じない人たちに対して、説明できるものでなければならないのだろう。

「ただ信ぜよ。信ずるならば、誰もみな救われん」。そんな聖歌を歌ってきた。それは救いの瞬間の信仰(信頼)を指しているのであって、そのあとは、自分の身に何が起きたのか、自分にも、また他の人にも説明できるようにならねばならない。その段階で、理性的働きを封殺するような、信仰的熱心さは、逆に警戒されなければならないと思う。

|

« 科学の限界 | トップページ | 教会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 科学の限界 | トップページ | 教会 »