« 異言か完全か | トップページ | 決断の時 »

2007年7月 6日 (金)

守勢は負け

「神から生まれた者は、自分を守っているなら、罪を犯さないし、犯すことができない、というのは疑いもなく真実である。しかも、もし彼が自分を守らないならば、彼はむさぼるように、あらゆる種類の罪を犯すかもしれないのである」(『説教』ジョン・ウェスレー著)

完全の達してのち、罪を犯さないようにという守勢的信仰は既に負けているような気がする。それはなお先を待ち望まなければいけない。そして、その先は完成があるのみ。

だから、健全な完全信仰というのは、再臨信仰に支えられている。この点を知らなければ、完全信仰は不健全に陥る可能性を増大させるであろう。

この点をしっかり知ることが、完全信仰に、キリスト者を赴かせる要であろうと思う。

|

« 異言か完全か | トップページ | 決断の時 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 異言か完全か | トップページ | 決断の時 »