« 外的な行為 | トップページ | 聖霊のバプテスマ »

2007年7月19日 (木)

聖伝

プロテスタントとカトリックの違いについて、公式的に言われるのは、前者が「聖書のみ」、後者が「聖書と聖伝」ということ。

聖伝の「伝」は、伝統か、あるいは解釈原理なのか。私は、そんな意味にとっている。

プロテスタントは、その後、多くの教派に分かれた。そして、それぞれの教派は、それぞれの解釈原理を持っている。あたかも「聖伝」のように。

「聖書のみ」の原理といっても、教派による解釈の多様性を思う時、その多様性を「聖書のみ」とどう関係づけるかが問われるのではないだろうか。

|

« 外的な行為 | トップページ | 聖霊のバプテスマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 外的な行為 | トップページ | 聖霊のバプテスマ »