« キリスト教国 | トップページ | 神の似像 »

2007年7月11日 (水)

完全

「人間は、認識において無知と錯誤から完全であるときのみ意志において罪から安全でありうるのである」(『トマス・アクイナス 言葉の鎖』91頁)

人は生涯、無知と錯誤から解放されていない。しかし、ウェスレーは、それらに由来する結果を「完全」とは区別している。しかし、トマスにおいては、それらもまた罪と言われているのではないだろうか。

無知と錯誤から何事かをなす時、それは罪というのか、いわないのか、罪の定義の違いがあるのかも知れない。

|

« キリスト教国 | トップページ | 神の似像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キリスト教国 | トップページ | 神の似像 »