« 啓示と霊感 | トップページ | 学生時代 »

2007年7月13日 (金)

ひとりの魂

「私たちは、ひとりの魂を神のために獲得するときに、どのように偉大なことをしたかを知ることはできない」(『信仰の高嶺めざして』F.B.マイヤー著)と言われている。なぜだろうか。

「若しも一個の男子又は婦人が神の力によって起こされ。預言者等や使徒等の持っているのと同じ御霊を以て立ち且つ生きるならば、其の男子又は婦人は、其の信仰告白を以て、其の十哩四方の全地域を震撼するであろう」
(『ジョージ・フォックス』山室武甫著)というように、一人の力も、それが真の救いであれば、世界を震撼させるからである。

|

« 啓示と霊感 | トップページ | 学生時代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 啓示と霊感 | トップページ | 学生時代 »