« 「学的に弁護」 | トップページ | 見える教会 »

2007年7月27日 (金)

評判

「彼は信者たちの間での自分についての評判も気にしない」(『説教』ジョン・ウェスレー著)

評判とか、うわさというものは管理できないものである。そして、みんなによい評判を得るということは不可能である。だから、余り気にする必要はない。

しかし、キリスト者は知られていないようであるが、案外、知られているものである。だから、こうも言われる。

「私たちは、教会の外にいる人たちに向かって、注意深く歩もう」(『信仰の高嶺めざして』F.B.マイヤー著)

われわれの言動、われわれとしては何の問題も感じていない言動、それらが、われわれの思いもよらない人々の心に深く印象として残る場合がある。そのような人々の印象に、われわれはどれほどの責任があるのだろうか。

それらの責任を考え始めたら、われわれは身動きできなくなってしまうであろう。

最終的に裁く方がおられる。すべてが明らかになり、正しい裁きが行われる。それを待ち望むしかない。

|

« 「学的に弁護」 | トップページ | 見える教会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「学的に弁護」 | トップページ | 見える教会 »