« 人間の創造 | トップページ | 神の神学校 »

2007年7月28日 (土)

疑惑

「神の独り子は、われわれを未決定のままのこして行かなかった。彼はわれわれに行くべき道を示したのである。われわれはただ神のことばに相談し、そこに書かれていることをたずねればよい。そして、もしわれわれが単純にその決定にとどまるならば、疑惑などの残る可能性は全然ない」(『説教』ジョン・ウェスレー著)

信仰とは最終的には、聖霊の働きの受容なのだろう。それに至るまでは、理性でとらえようとすると、とらえきれないので、疑惑に発展するかも知れない。それは、「当然」のプロセスでありうる。

ペンテコステは教会の誕生日と言われるが、このようにして、神を知った者に、神への疑惑はない。

|

« 人間の創造 | トップページ | 神の神学校 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人間の創造 | トップページ | 神の神学校 »