« 一者の現前 | トップページ | 先祖のこと »

2007年8月 9日 (木)

資格社会

資格要 社会は四角 なりにけり
 我は部品と 公表の如
 
資格を必要とする、あるいは求める社会は四角くなり、どこかぎすぎすしているようだ。そこでは、私は、こういう部品なんだと社会に公表しているようなものだ。

しかし、人間は部品ではない。部分ではない、全体である。人は人格であり、全体である。人格の全体性の視点の中に、丸い社会の実現が期待されているのではないか。

|

« 一者の現前 | トップページ | 先祖のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一者の現前 | トップページ | 先祖のこと »