« 無教会 | トップページ | 君らの出番 »

2007年8月24日 (金)

ヴァンパイア

吸血鬼というと、ドラキュラが有名だが、ヴァンパイアという名で登場する場合もある。ヴァンパイア関連の映画は何本もある。人気映画なのだ。

ヴァンパイアは、人の血を吸って生きながらえる。姿は人だが、食物である人の血がなくなると、形相は苦痛で歪む。

ヴァンパイアは、いったい何者なのだろうか。美女の生き血を吸うのが定番だが、美女の登場は娯楽番組仕立てのためであろう。
   
「血は命」とは、旧約聖書に出ているが、他者の血を求めるヴァンパイアは、言って見れば、人の命を、自分の生存のために不可欠のものとして求めているのだから、人間に悪をなすもの、悪魔的存在といえるかも知れない。
   
人の血があれば、永遠に生きるという。永遠ではなくて、永久、永劫という言葉の方がいいかも知れない。要するに、時間的に無限という意味なのだから。しかし、この中に、人間の深い願望が表明されている。

永遠は永久ではない。しかし、その違いを表現できないので、永久と永遠を混同して使う。
   
ヴァンパイアは十字架を極度に恐れる。闇を愛し、光を憎む。
   
こんな存在を、最初は、自分の外にいるものと考えていた。もちろん、現実には存在しないと思うけれど。
   
しかし、どこか、自分の外にいるのではなくて、自分の内にいるのではないだろうか。そう考えるのが正しい解釈なのではないだろうか。

人間は、生きるために、他者の命を犠牲にしている。もちろん、他者が人であれば、それは罰せられるが、日常的に、動物の命を犠牲にしている。それは何も悪いことではないと、誰もが考えているが、命を奪って、自分の命を永らえさせている構図は、ヴァンパイアの生き方と何ら変わらない。
   
ヴァンパイアの創作者は、こんな苦しい存在の仕方を強いられている人間について語りたかったように思える。しかし、思想的にはキリスト教的背景がないと、こんな物語は生まれないだろう。

|

« 無教会 | トップページ | 君らの出番 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無教会 | トップページ | 君らの出番 »