« 出版の現在 | トップページ | 聖餐の瞑想 »

2007年8月20日 (月)

関心

「哲学は普遍的である。哲学がかかわりをもたないものは一つもない。哲学的に思索する者は、すべてのことに関心を持つ」(『哲学の学校』カール・ヤスパース著)

これは真実であろうか。違うと思う。人はすべてのことに関心を持つことができない。ただ、哲学は、すべてのことに関心を持つことが許されていると言うべきではないのだろうか。人には限界がある。その限界を知ることも大切であろう。

|

« 出版の現在 | トップページ | 聖餐の瞑想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出版の現在 | トップページ | 聖餐の瞑想 »