« 練獄の研究 | トップページ | 小泉人気の秘密 »

2007年8月 7日 (火)

朝青龍問題

テレビ見て だまされたかと 怒り立ち
 言い分聞かず 断は早しか

診断書の真偽の問題、モンゴル政府からの依頼の件など、断は早すぎたのではないだろうか。

浅野内匠頭に対する将軍綱吉の断の早さを思う。早すぎたのである。禍根を残した。同じようにならないことを祈るのみ。

朝青龍には、朝青龍の言い分があるだろう。その言い分を聞いてから、断を下せばよかったのである。しかし、その言い分を省いてしまった。それは問題ではないだろうか。

朝青龍に、もし、「だました」という意識があるなら、その時は、引退しかないだろう。しかし、そうでなければ、その言い分は正しく生かされなければならないのである。

相撲協会の朝青龍に対する断に、綱吉の内匠頭に対する断を思う。早すぎたという禍根が残るのではないだろうか。

|

« 練獄の研究 | トップページ | 小泉人気の秘密 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 練獄の研究 | トップページ | 小泉人気の秘密 »