« 孤独の価値 | トップページ | 銀座カンカン娘 »

2007年8月29日 (水)

吉村昭さん

ラジオ深夜便の今朝(8月29日)の「こころの時代」で、作家の故吉村昭さんの妻で、共に作家の津村節子さんのインタビューがありました。2回続きで、今日は1回目でした。

吉村さんは開成の先輩でした。生前、お会いしたことはありませんでした。遠藤周作さんの1周忌の時、記念会があり、そこで、まだお元気だった、故中村真一郎さんとお会いしたことがありました。話をしたのは、この1回きりでしたが、その時、「歴史小説を書いている、あの人、なんと言ったっけ」と、中村さんが言われたので、「吉村さんではないですか」と言うと、「ああ、そうそう」と思い出されたようでした。

中村さんも、開成の先輩で、それ以前に、開成のマスコミ関係者の会が作られたようで、そこに吉村さんの名前があったかも知れません。その会が、今、どうなっているのかは知りません。

インタビューでは、吉村さんは、宗教とは全く関係ない人で、人は死ねば無になるだけ、といった思いの人だったようです。

津村さんは書くのが仕事ですが、話もうまいなあ、と魅せられました。

|

« 孤独の価値 | トップページ | 銀座カンカン娘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 孤独の価値 | トップページ | 銀座カンカン娘 »