« 消費税 | トップページ | 大村益次郎 »

2007年9月 5日 (水)

転職

個人主義者にとって転職は何でもないことである。しかし、「全体主義」者にとっては、転職は恥ずべきことである。滅私奉公が倫理である。

日本では、最近は個人主義者も多くなった。しかし、昔の日本人はだいたい、「全体主義」者であった。そして、そういう雰囲気はまだ漂っていると思う。

転職者にとって会社は砂漠のオアシスである。そこで少しは身心をリフレッシュできる。しかし、砂漠のキャラバンへの呼びかけがあれば、参加しなければならない。

なぜなら、会社は永遠の安息の場ではないからである。

|

« 消費税 | トップページ | 大村益次郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消費税 | トップページ | 大村益次郎 »